特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

福島で見た「復興五輪」 五感で被災地の今感じて=井口慎太郎(中部報道センター)

福島県内を車で走るとフレコンバッグの仮置き場が目に入る=同県大熊町で2019年12月8日、井口慎太郎撮影
福島県内を車で走るとフレコンバッグの仮置き場が目に入る=同県大熊町で2019年12月8日、井口慎太郎撮影

 年末年始に連載した東京五輪・パラリンピックを巡る連載「TOKYOスイッチ」の取材で、2019年11~12月、東日本大震災の被災地の福島県に4回出張した。大会は招致段階から「復興五輪」を開催理念に掲げている。被災者はどう見ているのか。震災と東京電力福島第1原発事故から8年半あまりがたった浜通り(沿岸部)を歩いた。

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2026文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集