新型肺炎 首相「感染症であれば入国拒否」表明 衆院予算委

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会でWHOの緊急事態宣言を受けての対応や中国・武漢からのチャーター機搭乗費用の政府負担方針などについて答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年1月31日午前9時3分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会でWHOの緊急事態宣言を受けての対応や中国・武漢からのチャーター機搭乗費用の政府負担方針などについて答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年1月31日午前9時3分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は31日午前の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中国湖北省武漢市から退避する日本人を乗せたチャーター機の運賃について「政府で負担する方向で検討する」と表明した。自民党の中山泰秀氏への答弁。政府は1人約8万円の負担を求める方針で、与野党から見直しを求める声があがっていた。

 菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で「湖北省での交通規制強化等の急激な変化があり、帰国後の一時退避施設での宿泊などご不便をかけ、WHO(世界保健機関)が緊急事態を宣言したことを考慮した」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文634文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集