東京高検検事長、前例なき定年延長 検事総長後任か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒川弘務東京高検検事長=遠山和宏撮影
黒川弘務東京高検検事長=遠山和宏撮影

 政府は31日の閣議で、2月7日に定年を迎える黒川弘務・東京高検検事長(62)の勤務を半年延長し、8月7日までとする人事を決定した。検察官の定年延長は極めて異例で、検事長の定年延長は前例がない。今夏に就任から2年を迎える稲田伸夫・検事総長(63)の後任に充てる可能性がある。

 検察庁法は検察官の定年を63歳とし、検事総長のみ65歳と定めている。ただし、国家公務員法は、退職により公務の運営に著しい支障が生じると認められる十分な理由がある場合には、1年以内の定年延長を認める…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

あわせて読みたい

注目の特集