新型肺炎対策で 京都のソフトウエア開発会社、全員を3週間在宅勤務に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 京都市内で新型コロナウイルスの感染者が出たことを受け、下京区のソフトウエア開発会社「コネクトフリー」は31日、安全確保のため2月3日から3週間程度、社長を含む35人の従業員全員を在宅勤務にすると発表した。遠隔地在住の5人は元々在宅勤務で、新たに30人が対象となる。

 執行役員の山内成介さんによると、在宅勤…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文353文字)

あわせて読みたい

注目の特集