メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎「中国以外での感染拡大」重視 WHOが緊急事態宣言 エボラ出血熱以来6件目

 世界保健機関(WHO)は30日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に対応するため3回目の緊急委員会を開催し、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当すると宣言した。WHOのテドロス事務局長は「中国以外での感染が広がっていることを重視した」と理由を説明した。緊急事態宣言は、2019年7月にコンゴ民主共和国東部で流行したエボラ出血熱について出されて以来、6件目。

 WHOは非公開で開催した専門家による緊急委員会の終了後、記者会見を開き緊急事態を宣言。テドロス氏は会見で、「渡航や交易を制限する理由は見当たらない」と強調し、渡航制限勧告については見送った。また、中国政府がウイルス封じ込めへの措置を行い、情報の透明性も確保されていると評価し、「宣言は中国への不信感を示すものではないことをはっきりさせたい」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです