メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 集団感染公表から1カ月 問われる中国の集権的対応

新型肺炎の感染拡大を受け、急ピッチで工事が進められる臨時病院の建設現場=中国湖北省武漢市で1月30日、AP

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、市当局が2019年12月31日に集団感染を初めて公表してから1カ月が過ぎた。この間、武漢市の封鎖など、前代未聞の措置をとってきた中国指導部だが、感染拡大は収まる気配を見せず、体制への逆風もかつてなく強まっている。【北京・河津啓介、ニューヨーク隅俊之】

 1月30日に世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言したことを受けて、中国外務省の華春瑩(かしゅんえい)報道局長は31日の声明で、自国の対応を「WHOや多くの国が高く評価している」と主張。「我々は感染対策の闘いに打…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  5. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです