メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 患者増加への体制整備必要 WHO緊急事態宣言

記者会見で緊急事態を宣言するテドロスWHO事務局長=スイス・ジュネーブで2020年1月30日、AP

 日本政府はWHOの緊急事態宣言に先んじて、新型肺炎を感染症法に基づく指定感染症にすると決めるなど、感染拡大防止に向けた対策を進めてきた。今回の宣言で対策の方向性をすぐに変える必要はないが、感染が国際的に流行する兆しを見せる中、次の段階への準備も必要になる。

 実質的に始まっている指定感染症としての運用で、新型肺炎の患者には強制入院や公費治療ができるようになった。中国・武漢からチャーター便で帰国した邦人には、症状がなくてもウイルス検査した上で2週間の宿泊施設滞在を求めるなど、感染…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです