国内最高齢ライオン死ぬ 京都市動物園の「ナイル」 25歳、人間でいえば100歳超

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国内最高齢の25歳10カ月で死んだ京都市動物園の雄ライオン「ナイル」=京都市左京区で2019年12月、南陽子撮影
国内最高齢の25歳10カ月で死んだ京都市動物園の雄ライオン「ナイル」=京都市左京区で2019年12月、南陽子撮影

 京都市動物園(同市左京区)の国内最高齢のライオン「ナイル」(雄)が31日朝、25歳10カ月で死んだ。1994年3月9日に和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで生まれ、97年7月から京都市動物園で飼育されていた。

 ライオンの平均寿命は野生で10年、飼育下で20年とされ、ナイルは人間でいえば100歳超となる。動物園によると、ナイルは…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

注目の特集