メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沢尻エリカ被告公判詳報(2) 検察側「19歳ごろから大麻使用」と指摘 更生に向け携帯解約

沢尻エリカ被告=2006年6月、米田堅持撮影

 続いて、検察側の冒頭陳述が始まった。

 検察官は男女各1人の計2人。このうち男性検察官が立ち上がり、冒頭陳述の朗読を始めた。

検察官 「被告は19歳のころから、大麻などを使うようになった。平成30(2018)年ごろから、(合成麻薬の)LSDやMDMAを知人から入手し、保管していた」

 ほんのりと化粧を施した沢尻被告は弁護人側の席に座り、数分間の冒頭陳述に聴き入った。

 続けて証拠調べ。女性検察官が証拠の要旨の説明を始めた。

 まず、緊急逮捕に関する報告書。逮捕される際、沢尻被告は捜査員に対し「お守り袋の中にMDMAがある」と説明したことを明らかにした。

 続けて、アクセサリーケースやお守り袋からMDMAとLSDが発見されたと提示。冷蔵庫からも発見されたMDMAとLSDの写真も提出したと述べた。

 次に、女性検察官が証言台に進み出て、押収したMDMAとLSDを示した。沢尻被告も弁護人席から立ち上がり、裁判官の前を通って、同じく証言台に進み出る。

検察官 「あなたの自宅から発見されたものですか」

被告 「間違いありません」

検察官 「LSDはいらないということでいいですか」

被告 「はい」

検察官 「MDMAは…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです