メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元「マトリ」部長が初の著作 「大麻容認論」や「芸能人の逮捕予想」をどう見ているか?

初の著書「マトリ」を刊行した元関東信越厚生局麻薬取締部長の瀬戸晴海さん=東京都新宿区の新潮社で2020年1月15日午後5時41分、大村健一撮影

 「俺たちは、猟犬だ!」。眼光鋭い男性が帯でそう語りかけている新潮新書「マトリ」が17日に刊行された。著者は40年近く第一線で麻薬の取り締まりにあたってきた元関東信越厚生局麻薬取締部長の瀬戸晴海(せと・はるうみ)さん。「マトリ」は麻薬取締部、あるいはそこに所属する捜査官の略語だ。自身の捜査体験を鮮明に描写した初の著書には、日本の薬物犯罪史が凝縮されている。著作に込めた思いや、たびたび週刊誌などをにぎわせる「次に逮捕される芸能人」の情報の信ぴょう性、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで広がっている「大麻容認論」についても聞いた。【聞き手・大村健一/統合デジタル取材センター】

 ――本を書こうと思ったきっかけを。

 ◆2018年3月に退官した際に自分のマトリとしての人生を振り返って、「ずっと走り続けてきたな」と思いました。それも、マラソンのような走り方ではなく、短距離走をずっと続けるような形で。でも、悔しながら、薬物犯罪を巡る状況が変わったとはとても言いがたい。

 自分の経験を伝え、日本の薬物犯罪史を振り返りつつ、読者に「今、何が起きているのか」を伝えることで違法薬物の根絶に尽力することが、これからの人生の務めではないかと考えたことがきっかけでした。

 現役時代から、新潮社の方には「ぜひ雑誌で連載を」と打診されていて、当時はお断りしたのですが、退官後に「新潮45」で連載を始めました。事実だけを詳細に書く捜査書類とはまったく違う文章なので苦労し、(18年9月に自民党・杉田水脈衆院議員の性的少数者に関する寄稿をきっかけに)休刊になったときは正直「もう書かなくていい」とうれしかったのですが、甘かったですね(笑い)。加筆修正したうえでの書籍化を依頼されました。

 ――瀬戸さんの経歴とともに、日本の薬物犯罪の変遷が紹介されています。

 ◆私は薬物犯罪史の激動期にマトリとして生きてきました。暴力団がまだまだ強かった1980年代初めから、グローバル化する中で90年代にイラン人の密売人が出てきて、さらにインターネットでの売買の時代になりました。14年ごろには危険ドラッグが爆発的に流行し悲惨な事件・事故が発生している。駆け出しのころは、こんな時代が来るなんて想像もできなかったです。

 ――そもそも麻薬取締官という職業になじみがないです。警察との違いはどのような点にあるのでしょうか。

 ◆札幌から福岡まで全国8カ所に麻薬取締部があり、沖縄などに支所もあります。マトリは約300人で、決して大きな組織ではありません。日本の麻薬取り締まりは警察、税関、海上保安庁(海保)とマトリが連携して行ってきました。税関は水際対策、海保は海上の危機管理という役割を持っています。

 警察は病院に例えるなら「総合診療(病院の本体)」に当たる部門で、豊富な情報と捜査経験を持っています。一方、マトリは「最先端の少数医療チーム」という位置づけが適当なのではないかと思います。私も薬学部の出身ですが、薬物に関する専門的な知識を持って捜査したり、押収した薬物の製造方法や薬理効果等を調査したりしていました。大規模な事件では、4機関の連携が欠かせません。

 厚生労働省の管轄なのは、麻薬は合法的に医療活動で使用されるため、マトリの前身となる「麻薬統制官」が旧厚生省に設置されたことから来ています。

 マトリは著名人の薬物犯罪の報道で名前が出てくるので取り締まりが専門と思われがちですが、それ以外にも合法な医療用麻薬や睡眠薬の向精神薬の適切な流通のコントロールという役目も背負っています。コカイン(コカイン塩酸塩)だって医療用で使用されています。その適切な流通を監視する「麻薬行政」という重要な仕事があります。

 ――「マトリ」は「おとり捜査」「泳がせ捜査」の様子まで描かれており、ノンフィクションとしても楽しめます。

 ◆最初に近畿厚生局で大阪・西成を駆け回っていた時代は通信手段も公衆電話しかありませんでした。

 覚醒剤の売買が行われているという情報を基にドヤ(簡易宿泊所)に踏み込んだら、相手が8人ほどいて、こちらは4人しかおらず、マトリになったばかりの私は、先輩の命令で応援を求めるため、駅前の公衆電話まで走りました。玄関に置いた靴は誰かに盗まれてしまっていたので、裸足で。

 印象に残っているのは82年、私たちが捜査していた西成区の現場のすぐ近くで起きた連続殺人事件です。覚醒剤を常用していた男性が妻子ら7人を殺傷したという事件で、殺人事件なので捜査に当たったのは警察でした。でも、私たちが張り込みをしていたすぐそばで、そんな事件が起きてしまったことが忘れられません。

 「薬物問題ってここまでひどいことになるのか」と打ちひしがれました。前年には東京・深川で通り魔事件も起きていたのですが、私にとってはどこか人ごとでした。でも、その事件は私たちが捜査している目と鼻の先で起きた。

 ショックを受けていたとき、普段は笑うこともない寡黙な先輩から「最後まで(マトリ…

この記事は有料記事です。

残り2469文字(全文4537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです