メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「事前放流増やせば人命失われなかった」西日本豪雨でダム放流 愛媛の犠牲者遺族ら国など提訴

亡くなった大森仲男さんと勝子さんの遺影を手に記者会見に臨む長女(左)=松山市一番町4の愛媛県庁で2020年1月31日午前11時3分、中川祐一撮影

 西日本豪雨(2018年7月)の際、国の不適切なダム操作が愛媛県大洲、西予両市で肱川(ひじかわ)の浸水被害を拡大させたなどとして、犠牲者の遺族や被災住民ら8人が31日、国と両市を相手取り、国家賠償法に基づく約8600万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴した。

 原告は自宅が浸水して亡くなった西予市の大森仲男さん(当時82歳)と妻勝子さん(同74歳)の娘2人と、大洲市で浸水被害に遭った6人。訴状によると、国土交通省四国地方整備局は豪雨による雨水の流入量の増加が予想できたのに、野村ダム(西…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. プラットフォーマー虚偽表示に販売停止要請 消費者保護法案

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです