武漢からの帰国者受け入れで市民が批判 千葉・勝浦市が釈明チラシ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で帰国者の受け入れ経緯などを説明する土屋元・勝浦市長=千葉県勝浦市役所で2020年1月31日午後4時、斎藤文太郎撮影
記者会見で帰国者の受け入れ経緯などを説明する土屋元・勝浦市長=千葉県勝浦市役所で2020年1月31日午後4時、斎藤文太郎撮影

 中国・武漢からの帰国者を受け入れたホテルのある千葉県勝浦市は31日、「受け入れの説明がなかった」と市民から批判が寄せられていることを踏まえ、「ご不安、ご心配をおかけしております」と釈明するチラシを市内の全戸に配布した。土屋元(はじめ)市長は同日の臨時記者会見で、政府の要請が直前だったとして「人道上の理由を最優先した」と市民に理解を求めた。

 市によると、武漢から政府チャーター機で29日に退避した帰国者について、前日の28日夜、市内の勝浦ホテル三日月で受け入れたいと国から打診があった。土屋市長は「チャーター便で迎えに行くなら(受け入れ施設を)セットで考えるのが普通。決まっていないとは予想していなかった」と政府の準備状況に疑問を呈しつつ、時間の制約もあり、スピードを優先し受け入れを決めたなどと説明した。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文686文字)

あわせて読みたい

注目の特集