メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警戒強める鉄道各社 マスク着用や手洗い徹底 新型肺炎対策を本格化

新型コロナウイルス警戒でマスク姿で乗客の対応をする駅員=大阪・南海電鉄難波駅で2020年1月31日午後4時5分、幾島健太郎撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で、訪日客も大勢が利用する鉄道事業者は警戒を強めている。国土交通省は鉄道を含む公共交通事業者に対し、従業員のマスク着用や手洗いなどの徹底、感染した場合の速やかな報告を求めている。密閉空間である鉄道車両は「濃厚接触」が起きやすいだけに、関西の鉄道各社も対策を本格化させている。

 31日午後、大阪市の南海難波駅。関西国際空港からの特急「ラピート」が到着し、マスク姿の観光客らが次々と改札口を通過した。見守る駅員もマスク姿だ。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです