メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング 井上尚が4月、ラスベガスでカシメロと3団体統一戦

4月に米ラスベガスで3団体統一戦を行うことを発表した井上尚弥=東京都内で2020年1月31日午後1時13分、黒川優撮影

[PR]

 世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級王者(WBAはスーパー王者)の井上尚弥(26)=大橋=は31日、東京都内で記者会見し、4月25日(日本時間26日)に、米ネバダ州ラスベガスで、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のジョンリール・カシメロ(30)との王座統一戦を行うと発表した。

 主要3団体統一王者となれば日本人初。井上尚は「4団体統一を目指す上で欠かせない試合。危なげなく勝ちたい」と、通過点であることを強調した。カシメロの印象は「荒々しく、野性味あふれる人。ハードパンチに気をつけながら戦いたい」と語った。

 階級最強を決める2019年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝を制した際は、右眼窩底(がんかてい)を骨折した。井上尚は「もう心配ない。怖さも全然ない」と断言した。

 井上尚の戦績は19戦全勝(16KO)。カシメロは33戦29勝(20KO)4敗。【黒川優】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです