マスク義務づけ、手洗い励行、オゾン脱臭機…キャンプイン前に各球団が新型肺炎対策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮崎空港に到着し、あいさつする西武の辻監督=宮崎市で2020年1月31日午後2時8分、徳野仁子撮影
宮崎空港に到着し、あいさつする西武の辻監督=宮崎市で2020年1月31日午後2時8分、徳野仁子撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、キャンプインを翌日に控えた各球団は31日、選手らにマスクの着用を義務づけるなど警戒を強めた。

 西武は宮崎県日南市にある宿舎の食堂やミーティングルームで、薬剤を入れて使う加湿器を使用する。西武の広報は「ウイルスにも効果があると確認している」と説明。手洗い…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

あわせて読みたい

注目の特集