特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「とんでもない物が出てくる」世界陸連が恐れた際限ない厚底開発 新ルールを読む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪マラソン代表選考レースの大阪国際女子マラソンでも、多くの選手がナイキの厚底シューズを履いていた=ヤンマースタジアム長居で2020年1月26日、久保玲撮影
東京五輪マラソン代表選考レースの大阪国際女子マラソンでも、多くの選手がナイキの厚底シューズを履いていた=ヤンマースタジアム長居で2020年1月26日、久保玲撮影

 陸上長距離界で好記録の一因として注目されてきた厚底シューズについて、世界陸連は1月31日、条件付きで使用を認める新ルールを発表した。一時は全面禁止の可能性も報じられたものの、市販品は東京五輪でも使用できることが決まった。陸上関係者やメーカー側は安堵(あんど)感をにじませたが、用具の技術革新と競技の公平性のバランスをどう保つか、改めて問われている。【新井隆一、小林悠太、倉沢仁志】

この記事は有料記事です。

残り3399文字(全文3590文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集