メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[個性派揃いの日本のSUV市場で勝ち目なし!?]日産のキックス導入は正解か?

情報提供:カートップ

【個性派揃いの日本のSUV市場で勝ち目なし!?】日産のキックス導入は正解か?

ある意味「普通」の小型SUVキックス

 次期ジュークがなくなり、キックスが日本にくる。

 以前からあったこの噂が昨年(2019年)後半に確定して以来、自動車関係者はもとより、一般ユーザーの中でも賛否両論がある。果たして、キックスは、激戦区の日本コンパクトSUV市場で戦闘力があるのだろうか?

日産キックスの日本導入は正解か

 まずは、なぜ次期ジュークがないのか、を考えてみたい。

 ジュークが登場した2010年「まさか、プロトタイプそのもののような、こんなデザインで量産されるのか!?」と、日産の競合他社や世界各地のユーザーが驚いた。ジュークが生まれた背景には、欧州キャッシュカイ(日本名デュアリス)の成功があった。コンベンショナルなコンパクト4輪駆動車として成功したのだ。その上で、遊び心を持った過激なコンパクトSUVとしてジューク量産化計画にGOがかかった。

日産キックスの日本導入は正解か

 ところが、2010年代中盤になると、アメリカを中心としてSUVのダウンサイジングとC/DセダンからコンパクトSUVへ市場がシフトし始めた。そうした中で、日産としてグローバル市場でのコンパクトSUVを考える上で、新興国ではダットサンブランドとの商品の差別化も意識した上で考案されたのが、キックスである。

日産キックスの日本導入は正解か

 要するに、キックスはジュークのように「尖ったクルマ」ではない。しかも、現行車が登場したのはいま(2020年)の4年前となる2016年であり、通常モデルながらフルモデルチェンジに向けた開発が本格化する時期である。

 そんなキックスが参入する日本市場では、トヨタCH-R、ホンダ・ヴェゼル、マツダCX-3/CX-30、スバルXVなど、個性豊かなクルマばかり。

日産キックスの日本導入は正解か

 本当に、キックスは日系ライバルたちに太刀打ちできるのか? そう感じるユーザーが多いのは当然だと思う。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです