メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[売れなくても売る必要あり!]AT全盛のいまでもMTをラインアップすべき理由とは

情報提供:カートップ

【売れなくても売る必要あり!】AT全盛のいまでもMTをラインアップすべき理由とは

4台に3台はMTが売れる車種もある

 今は乗用車に占めるAT(オートマチックトランスミッション)装着車の販売比率が98〜99%で、限りなく100%に近い。普通運転免許にAT限定が創設されてから、今では30年近くが経過しており、ATしか選べない車種も増えた。

 2019年の国内販売ランキングは、1位がホンダN-BOX(少数のスラッシュを含む)、2位はダイハツ・タント、3位はスズキ・スペーシア、以下日産デイズ&デイズルークス、トヨタ・プリウス、ダイハツ・ムーヴ&ムーヴキャンバスという具合に続く。どのクルマもAT専用車で、MT(マニュアルトランスミッション)は選べないから、ATの販売比率が高まって当然だ。

MTをラインアップすべき理由

 しかし運転の楽しさを追求したスポーティなクルマには、今でもMTが設定される。とくにマツダは、人馬一体(ドライバーとクルマが一体になって生み出す走りの楽しさ)を商品全体に通じる開発テーマとしているから(OEMを除く)、6速MTの設定も多い。

 そこでマツダのMT比率を尋ねると、デミオやCX-5が4%、アテンザは7%、ロードスターRFは53%、ロードスターのソフトトップは76%であった。

MTをラインアップすべき理由

 デミオやアテンザにはATが多く、MTは少数派だが、市場全体のようにAT比率が100%近くに達することはない。数は少なくても、一定数のユーザーはMTが用意されていれば購入している。

 ただしメーカーとしては、販売比率が極端に少ない商品は、なるべく省きたい。車両の開発には多額のコストを要するからだ。MTの価格をATに比べて極端に高めることはできず、ユーザーが減少する以上に、MT装着車が減ってしまった。そのためにロードスターのようなスポーツカーには、MTを求めるユーザーの需要が集中して、MT比率も50〜80%に達するわけだ。

MTをラインアップすべき理由

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです