メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

文化財写真の登場 実物なくなれど、伝えうる 東京都江戸東京博物館都市歴史研究室長 岡塚章子さん

 2019年秋、明治以降の写真師たちが撮影した文化財についてまとめた『国宝ロストワールド』(小学館)を出版しました。写真技術が日本に入ってきた当初は「文化財」の概念もなく、壬申検査もウィーン万博に出品する古器旧物のリスト化を兼ねていました。横山の写真には、お手本のない中でいかに撮るかという好奇心が強く表れています。東大寺(奈良市)の大仏の写真では、大仏の膝の上にお坊さんが。大きさを比べる意味はあるにせよ、…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです