メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

大阪メルロー/3 「ワインをやる」父の執念

ワインボトルやワイングラス、そしてコンクリートブロックが置かれた故仲村光夫さんが眠る場所=2019年8月、大阪府羽曳野市小ケ谷地区で

 「仲村わいん工房」(大阪府羽曳野市飛鳥)の醸造家、仲村現二さん(62)の同市小ケ谷(こかたに)地区のブドウ畑に立つ古木。そのルーツのわからない未知なる黒ブドウの木の近くに、古いワインボトルとワイングラス、そしてコンクリートブロックが、1個ずつ置かれた場所がある。品種改良に向け、独自に交雑育種を繰り返し、詳細を語ることのないままそのブドウを残した父光夫さん(2003年に80歳で他界)が眠っている。

 収穫期を迎えると仲村さんはそのブロックなどの前に数房のブドウを供える。「俺が死んだらな、墓はいらんから、骨は畑にまいとけえ」。光夫さんの遺言に沿って設けたものだ。時に仕上がったワインがささげられることもある。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです