特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

厚底靴条件付き使用可 プレートは1枚まで、市販から4カ月以上 世界陸連、新ルール

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ワールドアスレチックス(世界陸連)は1月31日、陸上長距離界で驚異的な好記録の一因として規制の可能性が議論されてきた厚底シューズについて、条件付きで使用を認める新ルールを発表した。跳躍種目以外では規定のなかった靴底の厚さを40ミリ以下に制限するなどしたもので、市販されている米スポーツ用品大手ナイキの厚底シューズは、東京五輪でも使用できる。さらに反発力の強い試作品の「超厚底」は禁止された。

 世界陸連によると、新ルールでは反発力を増すために靴底に埋め込むプレートを1枚までに制限。4月30日以降の競技会で使用する靴は、4カ月以上前に市販されていることを条件とした。選手に合わせた足型の変更などは認められる。また、状況に応じて審判は、レース後に選手に対してシューズの提供を求め、検査することもできる。今後は専門家による委員会を新設し、新たに市場に流通するシューズを検査する。

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1257文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集