メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 「疑い症例まず保健所に」 舞鶴市が連絡会議 /京都

「庁内連絡調整会議」で新型コロナウイルスへの対策について話し合った=舞鶴市役所で、行方一男撮影

 府内でも新型コロナウイルスの感染者が確認され、府に対策本部が設置されたことを受け、舞鶴市は31日、新型コロナウイルス感染症に関する庁内連絡調整会議を開いた。各部署との情報共有を徹底し、感染拡大防止に務めることを確認した。現状報告(同日午後2時現在)では、舞鶴市内における感染者の発生はないという。多々見良三市長は「今の時期にしっかりと対応することが拡大防止につながる。手遅れになってしまえば患者の区別もつかなくなる。ここ数日が勝負になる」と幹部職員に指示した。

 感染拡大防止に向けて、多々見市長は「疑い症例がある場合、病院には直接行かず、必ず保健所に連絡して症状を報告してから判断を受けてほしい。腎臓などに疾患があり、既往歴がある人は主治医の判断を受ける。いきなり病院を訪れると、院内にいる別の患者にも感染するため絶対に避けてほしい」と求めた。疑い症例とは、発熱(37・5度以上)かつ呼吸器症状(せき、喉の痛みなど)▽発症から2週間以内に中国・武漢市への渡航歴…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 失業手当支給、60日延長へ 厚労省が新型コロナ対策で特例措置

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです