メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症カフェ 半数が専門家「なし」 姫路の市民団体調査、203カ所回答 市が助成金支給方法見直しへ /兵庫

認知症カフェの運営者らが参加した意見交換会=姫路市で、幸長由子撮影

 姫路市の市民団体が、認知症患者らが地域の人と情報共有する市内の「認知症カフェ」にアンケート調査をしたところ、回答があった203カ所のうち半数で、最低限の専門知識を持つスタッフがいないことが判明した。厚生労働省は、専門講座を受講した認知症サポーターや介護専門職らが患者らの話し相手となることを想定しており、認知症の当事者団体は「当事者らが安心して利用できる本来の姿になっていない」と指摘する。【幸長由子】

 市は独自にカフェ運営費を助成しており、県内511カ所(19年9月現在)のうち、271カ所と市内が半数以上を占める。助成金は地域包括支援センターを通じて支給しているが、受給団体に会計報告などを求めていない。市民団体の指摘を受け、市は支給方法を見直す方針だ。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです