メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

呉製鉄所、高炉休止検討 地元に衝撃「操業維持願う」 高度成長のシンボル 全面閉鎖の可能性も /広島

日鉄日新製鋼の呉製鉄所。奥は呉市街=呉市で、本社ヘリから小出洋平撮影

 日本製鉄が呉製鉄所(呉市昭和町)の第1高炉の操業休止を検討していることが明らかになり、31日、地元に衝撃が走った。造船とともに地域経済の屋台骨を支えてきたが、将来的には全面閉鎖される可能性も拭えず、関係者からは不安の声が聞かれた。【池田一生、賀有勇】

 日本製鉄の子会社・日鉄日新製鋼が所有する呉製鉄所では、第2高炉(炉容積2080立方メートル)を2024年度に休止することが決まっている。第1高炉(同2650立方メートル)が止まれば全高炉が操業を停止することになり、鋼板の製造設備を含めた製鉄所の全面閉鎖も懸念される。

 日鉄日新製鋼によると、呉製鉄所の従業員は関係・協力会社を含めて約3300人に及ぶ。全面閉鎖となれば地域経済への影響は必至で、呉市内の金属加工会社に勤める男性は「取引がなくなれば打撃は大きい。どう対応したら分からない」と戸惑いを隠せない。呉商工会議所の担当者は「報道では『休止を検討している』段階であって、操業維持に好転してもらうのを願うしかない」と嘆いた。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです