メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 WHO緊急事態宣言 渡航制限勧告見送り

中国・武漢から到着したチャーター機の第3便から、ストレッチャーに乗せられ救急車両に搬送される乗客(中央下)=羽田空港で1月31日午後0時6分、吉田航太撮影

 世界保健機関(WHO)は1月30日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に対応するため3回目の緊急委員会を開催し、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当すると宣言した。中国への渡航制限勧告は見送ったが、警戒感を強める世界各国が予防的措置として、中国への渡航を制限するケースが相次いでいる。【パリ久野華代】

 緊急委員会は非公開で開催され、終了後に記者会見したテドロス事務局長は「中国以外で感染が広がっていることを重視した」と宣言の理由を説明した。さらに「今後、このウイルスが医療の脆弱(ぜいじゃく)な国々に広まる可能性を強く懸念する」と述べ、ワクチンの開発を急ぐ必要性を強調した。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです