メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「カエルなら良かったのか?」 枝野氏、また皮肉

 衆院予算委員会の議事運営を巡り、棚橋泰文委員長=似顔絵<左>=を「首相のポチ」と批判した立憲民主党の枝野幸男代表は31日の記者会見で、棚橋氏が抗議していることに関し、「カエルだったら良かったのか」と述べた。棚橋氏が過去に旧民主党を「両生類」に例えて批判した発言を念頭に皮肉ったとみられる。

 枝野氏は1月28日の党会合で「そろそろ…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです