メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

春闘、何を話し合うの? 賃上げ主題 働く仕組みも焦点=回答・矢澤秀範

 なるほドリ 今年の春闘(しゅんとう)が始まったと聞いたけれど、誰が何を話し合うの?

 記者 新年度を前に、企業の経営側(けいえいがわ)と労働側(ろうどうがわ)が、さまざまな労働条件を巡って交渉します。労働組合がまとまることで経営側への圧力を高めるのが狙いで、1955年から続く日本独特の習慣です。

 Q 話し合いの中身は?

 A 主は賃上げです。年齢や勤務年数に応じて毎年自動的に上がる定期昇給(ていきしょうきゅう)に加え、全員の基本給を底上げするベースアップ(ベア)をどうするかの議論を交わします。ベアを実施すると生涯賃金が増えるので、多くの労組が獲得にこだわる一方、給与総額が増えるうえに一度水準を上げると、以後に下げにくいため、経営側は慎重になりがちです。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです