メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

再配達問題の解消策 宅配便、受け取り方多様に

簡易型宅配ボックス「OKIPPA」は、ドアなどに鍵で取り付ける仕組み

 <くらしナビ ライフスタイル>

 インターネット通販の利用が増える中、受け取る人が不在で宅配便の再配達が必要になる問題がある。配送業者の負担が増えているとされるが、一度の配達で届けられれば利用者にとっても手間を減らすことができる。多様な配送方法が広がる中、受け取り方や商品の選び方で工夫ができそうだ。

 「これがなかったらと思うと……」。東京都品川区の会社役員、柳本友幸さん(42)は、自宅マンションの玄関ドア取っ手につるした簡易型宅配ボックス「OKIPPA(オキッパ)」で、宅配便を受け取っている。ペットフードや飲み物など、日常的に通販で購入するが、共働きのため不在連絡票がたまりがちだった。同時に注文した物が別々に届くこともあり、その都度、再配達を依頼するのは手間がかかる。オキッパを使えば不在でも商品を受け取れるため、妻祐子さん(37)は「ありがたい」と話す。

 オキッパはベンチャー企業「Yper(イーパー)」(東京都渋谷区)が開発した。手のひらサイズに畳めるエコバッグをドアの取っ手などとつないでおき、配送業者は荷物を届けた後、バッグに南京錠で鍵を掛けて盗難を防ぐ「置き配」だ。同社の島添彰取締役は「生活用品は置き配で、高級なものは直接受け取るといった選択肢を提供したい」と話す。同社は、配送状況の確認や再配達依頼ができるスマートフォンアプリも無料で提供する…

この記事は有料記事です。

残り1352文字(全文1934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです