特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

「桜」首相答弁、続く変遷 「公選法抵触ライン」崩さず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「取りまとめ関与せず」→「意見言うことも」→「妻も推薦」

 首相主催の「桜を見る会」を巡る安倍晋三首相の発言は、会の「私物化」が指摘された2019年11月以降、変遷を続ける。27~31の日程で開かれた衆参予算委員会でも、招待者の推薦に妻昭恵氏の意見を反映したことを認めるなど答弁は揺れた。一方、公職選挙法に抵触しかねない私物化は一貫して否定。それでも答弁は根拠に乏しく、疑惑解消にはほど遠い状況にとどまった。

 問題が注目された契機は、19年11月8日の参院予算委での田村智子氏(共産党)の質問。地元支持者が多数招かれた疑惑をただす田村氏に対し、首相は「招待者の取りまとめは内閣官房と内閣府。主催者としてあいさつや接遇はするが、取りまとめには関与していない」と明言した。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1109文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集