メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想 住所表記は住民投票後 21年度末、決定・公表

 「大阪都構想」の制度案を議論する法定協議会(法定協)が31日、大阪市役所であった。11月に予定される住民投票で、市の廃止と4特別区への再編が賛成多数となった場合、新制度に移行する2025年1月までに必要な行政手続きを整理した工程表が示された。特別区の新たな住所表記は、住民投票後に住民の意見を聴取する機会を設け、21年度末に決定・公表する。

 工程表は、昨年末に制度案の大枠が承認されたことを受け、大阪府市の事務局が作成。準備組織で課題を整理する「初動期間」(20年11月~)▽再編後の事務を試行する「調整期間」(21年7月~)▽組織や職員数を決定する「直前準備期間」(24年4月~)――の3段階で取り組む。制度案を文書にした「協定書案」も示した。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです