メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨 ダム放流・氾濫、国賠提訴 両親の死は「人災」 松山地裁、遺族ら8人

亡くなった大森仲男さんと勝子さんの遺影を手に記者会見に臨む長女(左)=松山市一番町4の愛媛県庁で、中川祐一撮影

 西日本豪雨(2018年7月)の際、国の不適切なダム操作が愛媛県大洲、西予両市で肱川(ひじかわ)の浸水被害を拡大させたなどとして、犠牲者の遺族や被災住民ら8人が31日、国と両市を相手取り、国家賠償法に基づく約8600万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴した。【中川祐一】

 原告は自宅が浸水して亡くなった西予市の大森仲男さん(当時82歳)と妻勝子さん(同74歳)の娘2人と、大洲市で浸水被害に遭った6人。訴状によると、国土交通省四国地方整備局は豪雨による雨水の流入量の増加が予想できたのに、野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)に十分な空き容量を確保していなかったと指摘。「事前放流を増やしていれば被害は2割程度にとどまり、人命が失われることはなかった」と主張している。また両市についても住民への周知が不十分だったなどとしている。

 県庁で記者会見した奥島直道弁護士は「何もしなければ(当時の)ダム操作が正しいことになってしまう。誰が考えてもおかしいということで立ち上がった」と強調。「天災ではなく人災。真実を明らかにしないと亡くなった人たちが浮かばれない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです