メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上イージス「地元の理解得られない」 秋田県知事、市長が河野防衛相に訴え

河野太郎防衛相(右)に申し入れ書を手渡す佐竹知事(中央)と穂積志秋田市長=防衛省で2020年1月31日、高野裕士撮影

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(陸上イージス)の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備計画を巡り、佐竹敬久知事と穂積志秋田市長は1月31日、防衛省で河野太郎防衛相と面会した。佐竹知事らは配備候補地について、住宅地との距離などを重要な基準とするよう申し入れ、同演習場への配備は「地元の理解を得られない」と訴えた。【高野裕士、川口峻、中村聡也】

 河野氏が2019年9月に防衛相に就任してから初の面会。県は19年秋ごろから、佐竹知事との面会の場を設けることを防衛省側に要請していた

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです