EU離脱 論調の違いが際立つ英メディア 保守系「これが始まり」左派系「最大の賭け」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
離脱について論調の違いがはっきり出た31日の英大手高級紙各紙=2020年1月31日、服部正法撮影
離脱について論調の違いがはっきり出た31日の英大手高級紙各紙=2020年1月31日、服部正法撮影

 欧州連合(EU)離脱の日となった31日、英国の大手高級紙はそろって1面などで大きくブレグジット(英国のEU離脱)を取り上げたが、主張がはっきりしている英メディアらしく、論調の違いが際立った。

 離脱を強く支持してきた保守系のデーリー・テレグラフ紙は、31日夜に公表されたジョンソン首相の国民向けメッセージの内容の一部を、首相の大きな写真とともに公表前に掲載。「これが終わりではない。始まりなのだ」との首相の言葉を見出しに取った。また別刷りの「ブレグジット特集」も作り、こちらには「欧州懐疑…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

あわせて読みたい

注目の特集