メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱 論調の違いが際立つ英メディア 保守系「これが始まり」左派系「最大の賭け」

離脱について論調の違いがはっきり出た31日の英大手高級紙各紙=2020年1月31日、服部正法撮影

 欧州連合(EU)離脱の日となった31日、英国の大手高級紙はそろって1面などで大きくブレグジット(英国のEU離脱)を取り上げたが、主張がはっきりしている英メディアらしく、論調の違いが際立った。

 離脱を強く支持してきた保守系のデーリー・テレグラフ紙は、31日夜に公表されたジョンソン首相の国民向けメッセージの内容の一部を、首相の大きな写真とともに公表前に掲載。「これが終わりではない。始まりなのだ」との首相の言葉を見出しに取った。また別刷りの「ブレグジット特集」も作り、こちらには「欧州懐疑…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです