メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾立法委員の当選議員が初登院 女性議員は全体4割超、アジアトップの水準

記念撮影する台湾の立法委員。女性の姿が目立つ=台湾立法院で2020年2月1日、福岡静哉撮影

 台湾の立法委員(国会議員)選挙(定数113)で当選した議員が1日、立法院に初登院した。女性は2016年の前回選挙から4人増え、全体の41・6%を占める47人となった。アジアトップの水準だ。

 台湾の選挙法は、比例代表に定数のうち34議席を割り当て、各党に当選者の半数以上を女性にするよう義務づけている。比例名簿の順位は各党の任意とされる。1月に行われた立法委員選では、各党の比例名簿の当選圏内に多くの女性が並び、女性19人、男性15人が当選した。

 女性割り当ての制限がない73議席の小選挙区選挙と6議席の先住民区選挙では、女性は当選者79人中28人と35.4%を占めた。中部・彰化県では全4選挙区で女性が当選した。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです