メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武漢からの帰国者、埼玉・和光の国立保健医療科学院滞在 市長「不安感じないよう取り組む」

中国湖北省武漢市から帰国した日本人が滞在する国立保健医療科学院=2020年1月31日、橋本政明撮影

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、埼玉県は31日、県民からの相談が急増し、24~30日に858件に上ることを明らかにした。また発熱などの症状が出た1人について県衛生研究所(吉見町)で検体検査を実施しており、同様の症状が出ている別の1人に関しても今後検査する方針を示した。

 県保健医療政策課によると、この2人は新型コロナウイルスの症例には合致していないが、病状などから感染の疑いがあるとして、医師…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです