メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島県警ヘリ、4人重傷 操縦士「風にあおられ…」 心臓移植断念

[PR]

田んぼに墜落した福島県警のヘリコプター=福島県郡山市で2020年2月1日午前10時28分、本社ヘリから梅村直承撮影

 福島県警のヘリコプターが同県郡山市で不時着、横転した事故で、県警は1日、搭乗していた警察官や医療関係者ら男性7人のうち、県警地域企画課長(59)や男性医師(39)ら胸の骨を折るなどした4人が重傷、3人が軽傷だったと発表した。

 また県警は、男性操縦士(38)が「風にあおられたが、機体を持ち直して人けのない田んぼを選んで着陸させた」と話していることを明らかにした。

 一方、公益社団法人「日本臓器移植ネットワーク」(東京都港区)によると、ヘリコプターは、同県会津若松市の病院で脳死と判定された50代の男性から摘出した心臓を、福島空港に運ぶ途中だった。郡山市でヘリが不時着した後、心臓は急きょ、県警のパトカーで同空港に運ばれた。当初予定していたチャーター機で羽田空港に移送し、東京消防庁のヘリで東京大学付属病院に届けられた。

 東大病院では、虚血性心疾患の50代の男性患者に移植する予定だったが、到着が遅れたことなどで、移植した場合に心臓がうまく動くか保証できないと医師が判断し、移植を断念した。同ネットワークによると、事故による移植断念は初めてで「残念に思っている」とコメントしている。【寺町六花、高島博之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです