メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎予防呼び掛けるウイルスメール 開くと感染の恐れ 実在保健所名乗る

保健所を名乗り新型コロナウイルス対策を装う実際のメール(一部画像修正済み)=トレンドマイクロ提供

 国内の保健所と偽って新型コロナウイルス感染予防の呼びかけを装う不審メールが出回っている。メールに添付されている文書ファイルを開くと「Emotet」(エモテット)と呼ばれるコンピューターウイルスに感染する仕組みで、情報などが盗まれる恐れがある。情報セキュリティー関連機関が注意を呼びかけている。

 独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」などによると、メールは実在する保健所名で「別途通知をご確認いただき、感染予防対策についてよろし…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです