メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

「火消してはならないと必死でした」 64年聖火空輸リレー派遣団の職員・久野明子さん(79)

当時の資料を前に思い出を語る久野明子さん=東京都内で2020年1月20日午後3時31分、大島祥平撮影

 1964年東京五輪の聖火はギリシャからテヘラン、ニューデリー、バンコクなど11都市経由で、現地の若者が国外区間をリレーしながら空路で日本まで運ばれた。五輪組織委員会の最若手職員として空輸作戦に携わった久野明子さん(79)=東京都世田谷区=は「平和の火」を運んだ一人だ。「戦争から復興した日本を世界に伝えたいという先輩方のロマンと意地だったと思います。火を消してはならないと必死でした」と振り返る。

 <64年に大学を卒業して組織委に入った>

 米スタンフォード大に交換留学し、当時のステレオタイプな日本観に接していたので「本当の日本を五輪という絶好の機会に世界に紹介したい」という思いで希望しました。国際オリンピック委員会(IOC)のアベリー・ブランデージ会長が来日した際の秘書役も務めました。開会式では会長が天皇陛下に開会宣言をお願いしたのですが、その際の日本語での発音を教えてあげたのもいい思い出です。

 <日航特別機「シティー・オブ・トーキョー号」で空輸総距離1万5508キロをつないだ旅。当時の中東やアジア諸国は紛争なども抱えており、国外リレーは一大プロジェクトだった>

 新人として夢中で走り回っていた7月に上司から「団長秘書兼通訳」の打診を受け「行かせてください」と迷わず答えました。行程で私が担当したのはインドから沖縄までの東の後半部分です。男社会だった当時としてはかなりチャレンジングな人選…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです