特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

伝えたい東京へ

「火消してはならないと必死でした」 64年聖火空輸リレー派遣団の職員・久野明子さん(79)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当時の資料を前に思い出を語る久野明子さん=東京都内で2020年1月20日午後3時31分、大島祥平撮影
当時の資料を前に思い出を語る久野明子さん=東京都内で2020年1月20日午後3時31分、大島祥平撮影

 1964年東京五輪の聖火はギリシャからテヘラン、ニューデリー、バンコクなど11都市経由で、現地の若者が国外区間をリレーしながら空路で日本まで運ばれた。五輪組織委員会の最若手職員として空輸作戦に携わった久野明子さん(79)=東京都世田谷区=は「平和の火」を運んだ一人だ。「戦争から復興した日本を世界に伝えたいという先輩方のロマンと意地だったと思います。火を消してはならないと必死でした」と振り返る。

 <64年に大学を卒業して組織委に入った>

 米スタンフォード大に交換留学し、当時のステレオタイプな日本観に接していたので「本当の日本を五輪という絶好の機会に世界に紹介したい」という思いで希望しました。国際オリンピック委員会(IOC)のアベリー・ブランデージ会長が来日した際の秘書役も務めました。開会式では会長が天皇陛下に開会宣言をお願いしたのですが、その際の日本語での発音を教えてあげたのもいい思い出です。

 <日航特別機「シティー・オブ・トーキョー号」で空輸総距離1万5508キロをつないだ旅。当時の中東やアジア諸国は紛争なども抱えており、国外リレーは一大プロジェクトだった>

 新人として夢中で走り回っていた7月に上司から「団長秘書兼通訳」の打診を受け「行かせてください」と迷わず答えました。行程で私が担当したのはインドから沖縄までの東の後半部分です。男社会だった当時としてはかなりチャレンジングな人選…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1254文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集