メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[冬の早朝にクルマで出発するときの厄介な現象!]クルマのフロントガラスについた霜の除去方法とは

情報提供:カートップ

【冬の早朝にクルマで出発するときの厄介な現象!】クルマのフロントガラスについた霜の除去方法とは

まとめて取り除けない分、氷よりも厄介な存在だ

 今年は暖冬と言われ雪が少なくても、気温がある程度下がっただけで付くのが霜。早朝、クルマを使う人はとくに困っているのではないだろうか? 実際に取り除こうとした人はわかると思うが、これがとても頑固。表面にへばりついている感じで、まとめて取り除くことができず、ちまちまと削り取るようにするのも手間ばかりかかってしまう。氷を取り除くほうがよほど楽な気がするほどだ。

 霜が付く原因とされるのが、放射冷却だ。放射冷却とは日中に暖まった空気が上空へと放出されて、地表面近くが急激に冷えるため、空気中の水分(水蒸気)が凍って(昇華)、それがガラス面にくっ付くのが霜となる。

 まず、防ぐ方法から紹介すると、専用の霜防止カバーや古い毛布などをかけておくと、ガラスが直接外気に触れないので、霜がおりなくなる。また、撥水剤を塗っておくのも効果がある。空気中の水分はガラス表面の小さなチリなどに集まるため、撥水させてきれいな状態に保つことで、霜を防止できる。

クルマのウインドウに霜が付いてしまったときの対処法

 付いてしまった場合の対処法で、絶対にやってはいけないのはお湯をかけること。ガラスのコップにお湯を入れると割れるのと同じく、自動車用ガラスも温度差によって一気にヒビが入ったりする。もし使うとするなら、水のほうがいいが、ガラス全体の温度が上がらないと解けないので、けっこう時間と手間がかかる。デフロスターも同様で、内側から解かしていくのは時間がかかるし、表面にキズがある場合、そこに温風が当たると割れることもありうる。

クルマのウインドウに霜が付いてしまったときの対処法

 樹脂製のスクレーバーで削り落とすのも手ではあるが、けっこうな力が必要だし、時間もそこそこかかる。一番楽なのは専用の解氷スプレーで、かけるとあっという間に解けていくから便利。霜に悩んでいる方は1本、車載しておくといいだろう。

クルマのウインドウに霜が付いてしまったときの対処法


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  2. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  3. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  4. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  5. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです