メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

新型肺炎どう対応? 疑いあれば受診や相談を=回答・真貝恒平 /北海道

薬局の店頭で販売されているマスクを買い求める人たち=札幌市中央区で、竹内幹撮影

 なるほドリ 中国湖北省武漢市で確認された新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に広がり、道内でも1月28日、初確認されたね。2月1日に「指定感染症」になった新型肺炎って何なの?

 記者 コロナウイルスは発熱や呼吸器症状を起こし、人に感染するものは6種類が分かっています。2002~03年に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)や12年に確認され韓国などで感染が広がったMERS(中東呼吸器症候群)などの重症化するものも含まれ、今回のウイルスが7種類目です。肺炎の致死率は現時点で2・1%程度。国内で最大0・02%程度のインフルエンザウイルスよりは高いですが、SARSの9・6%、MERSの34・5%は下回っています。

 Q 政府は、感染症法に基づく「指定感染症」への指定を当初の7日から1日に前倒ししたけど、指定で何が変わるの?

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  5. 自宅にいるだけなのに…「コロナ疲れ」どう対処する? 心理カウンセラーに聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです