メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警春の異動 警部級以上363人 39署のうち33署長交代 /千葉

 県警は3日付で、警部級以上を対象とする春の定期人事異動(1次異動)を発令する。県内39署のうち33署の署長が交代し、異動規模は363人で、警部補級以下が対象となる3月中旬の2次異動などを含め、全体では2019年と同規模の約2600人となる。

 東京五輪・パラリンピックに向けた組織体制は維持し、新体制では児童虐待対策や準暴力団対策などを強化する。児童虐待対策については県内6カ所の少年センターの人員を増やす。準暴力団対策については組織犯罪対策課内に準暴力団対策係を新たにつくる。在留外国人らの情報を集約する外国人総合対策の参事官ポストも刑事部に新設する。

 また、19年の県内の交通事故死者数が都道府県別で初めて国内ワーストを記録したことから、交通死亡事故抑止対策や高齢運転者対策の強化を進める。免許課を「運転免許課」、運転免許センターを「運転教育課」に名称変更し、高齢者講習を充実させる。【加藤昌平】

この記事は有料記事です。

残り5878文字(全文6278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです