メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チューリップ10品種5000本 砺波・四季彩館で「早春」展始まる スイセン、ヒヤシンスなども550鉢 /富山

鮮やかなチューリップの花を楽しむ来館者=砺波市中村のチューリップ四季彩館で、高良駿輔撮影

 砺波市の「チューリップ四季彩館」で1月31日から、「季節を彩る花々~早春」展が始まった。初めての週末となった1日は多くの家族連れらでにぎわい、訪れた人は写真を撮るなどして色とりどりの花を楽しんだ。

 館内では温室で育てられた10品種約5000本のチューリップのほか、スイセンやヒヤシンスなど約550鉢…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです