メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州取材前線

吹きはじめた「新しい教育」の風 画一性廃し主体性を 異年齢混在「違って当たり前」 /長野

大日向小では、登校すると朝のサークル(対話)が始まる。この日はiPS細胞をテーマに学びを深めた=長野県佐久穂町大日向の同小で

 信州に「新しい教育」の風が吹いている。異年齢の子どもが同じ教室で学ぶクラス編成や、子どもの主体性を尊重したカリキュラムなど、特色ある教育の私立校が県内で相次いで設立。公立校でも「新しい教育」を取り入れようと動き出した母親がいる。教育県として知られる長野の現場を報告する。【坂根真理、田村彰子】

 2019年春、佐久穂町にオランダで普及する「イエナプラン教育」を国内で初めて実践する、学校法人「茂来学園」の「大日向小学校」が開校した。

 児童は1~3年、4~6年の2グループに分かれ、立場や年齢を超え互いに学び合う。同学年だと「できる子」「できない子」といった差異が生まれやすいが、異年齢だと「違って当たり前」が前提となるため差異が気にならない。また、児童自身が学びたいものを選択して学習し、自らの学びに責任を持てるのも特徴の一つだ。

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです