メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020京都市長選

市民の審判は? きょう投票、287カ所で /京都

 任期満了に伴う京都市長選は2日に投票され、即日開票される。選挙戦最終日となった1日、いずれも無所属で、4選を目指す現職の門川大作氏(69)=公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連推薦▽新人の元市議、村山祥栄氏(41)▽新人の弁護士、福山和人氏(58)=共産、れいわ新選組推薦――の各陣営は繁華街や住宅地で街頭演説を展開するなどし、有権者への最後の訴えに力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 任天堂、スイッチ国内出荷を一時停止 外出自粛で需要増に生産追いつかず

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです