メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

画家、川瀬さん作品展 祭りの躍動そのままに 衣装の柄細部まで 平城宮いざない館 /奈良

当麻寺の「練供養会式」を描いた作品の前で笑顔を見せる川瀬忠さん=奈良市で、塩路佳子撮影

 奈良の祭りや行事を描く田原本町の画家、川瀬忠さん(78)の絵画展が、奈良市の平城宮いざない館で開かれている。春日大社(奈良市)のおん祭や当麻寺(葛城市)の練供養会式などを題材にした油彩画34点が並ぶ。24日まで。

 川瀬さんは60歳の退職を前に絵を描き始め、コンクールで内閣総理大臣賞に輝くなど多数の…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  4. 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報

  5. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです