メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

エジプト風刺画家の闘い(その1) 筆に託す庶民の本音

エジプトの新聞に風刺画を描いてきたセリムさん=カイロで2019年6月19日、篠田航一撮影

 エジプトの首都カイロにある有力日刊紙「アルマスリ・アルヨウム」編集部の一室で、漫画家のアムル・セリムさん(57)は日本製の「PILOT」のサインペンを持ちながら天井を数秒見つめた。少し考え、紙に目を落とす。描き始めたら迷いはない。サラサラとペンが走る音。2分後、人物画ができあがった。

 世相を描く「風刺画」を20年以上、新聞や雑誌に描き続けてきた。「ヌクタ」(アラビア語でジョーク、小話の意味)を絵に取り入れるセリムさん。エジプトでは1970年代からあるという「伝統的」なヌクタを教えてくれた。

 「男が虫歯を悪化させた。でも歯医者には行かなかった。友人が理由を尋ねると、こう答えた。『この国で今、誰が口を開けられるんだ?』」。言論の自由に気を使う庶民の気持ちが伝わる。セリムさんは「実はこの話、最近も新聞に描きましたよ」とほほ笑む。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです