メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

国外逃亡の犯罪者、どうなる? 米韓とは引き渡し条約 他国は要交渉、難航も=回答・村上尊一

日本の犯罪人引き渡し条約の締結状況

 なるほドリ 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(ひこく)(65)が保釈(ほしゃく)中にレバノンに逃亡したけれど、日本はレバノンと条約(じょうやく)を結んでいないから連れ戻すのは難しいと聞いたよ。そんな条約があるの?

 記者 犯罪人(はんざいにん)引き渡し条約のことですね。日本国内で犯罪を起こした容疑者(ようぎしゃ)が国外に逃げた場合、日本政府は外交ルートを通じて相手国に引き渡しを求めます。条約がない場合は相手国の法令(ほうれい)や判断に従う形になりますが、条約の締結(ていけつ)国同士であれば一定のルールに従って引き渡しの手続きが進みます。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  5. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです