メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

キリン ファイア 日本人の心に火をともす

昨年10月にリニューアルされた「キリン ファイア ブラック」

 キリンの缶コーヒー「キリン ファイア」は、コーヒーファンに20年以上愛されてきたロングセラーだ。発売されたのは、日本中がバブル崩壊後の閉塞(へいそく)感に包まれていた1999年。商品名には、「日本人の心に火をともしたい」との思いが込められた。発売4カ月で1000万ケースを突破するなど大ヒットし、同社の看板商品の一つとして定着した。

 製法はコーヒー豆を熱風で焙煎(ばいせん)後、さらにじか火で焼き上げる2段階ローストにこだわる。雑味を丁寧に取り除いて抽出するネルドリップ方式で、「火」を象徴する香ばしい香りを実現した。缶の表面に施した炎の形が浮き出して見える加工は、発売当時、国内飲料缶で初めての試みで、注目を集めた。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです