メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

28万5414円 2019年11月の名目賃金 景気減速、給与伸び悩み

 

 厚生労働省が発表している「毎月勤労統計調査」は、労働者の賃金や労働時間の平均をまとめた統計だ。最新の2019年11月分の調査結果では、1人の労働者が1カ月でもらう「現金給与総額」(名目賃金)は28万5414円となり、前年同月比0・1%増と低い伸びにとどまった。

 名目賃金は基本給と各種手当、残業代、ボーナスを合計したもので、税金や社会保険料を差し引く前の金額だ。毎月勤労統計では、フルタイムで働く一般労働者(正社員)とパートタイム労働者(パート、アルバイト)、それぞれの賃金の平均値を算出している。

 毎月勤労統計は、18年末に調査の不正が発覚。厚労省は過去にさかのぼって再集計したが、資料が失われた11年以前は現在と比較できるデータがない。ただ、不正発覚前に発表されたデータでもおおまかな傾向はつかむことができる。

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  3. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです