メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『鴻池幸武文楽批評集成』=多田英俊・編著

 (大阪大学出版会・8360円)

 珍本である。珍本だから高い。高いけれどもその値段の何十倍の価値がある。文楽に携わる人はむろん多少とも文楽に関心をもつ人には必読の書である。現に長い間文楽を見て来た私も今更のように目からウロコが落ちる思いがした。かなり専門的な側面もあるがよく読めば決してむずかしくない。すなわち鴻池幸武の考え方が明晰(めいせき)かつ透明、その上に具体的だからである。

 たとえば文楽には「風(ふう)」という専門用語がある。その曲を初演した太夫の芸風を指す言葉である。ところがこれがなかなか摑(つか)みにくい。さる高名な太夫は風など関係ないという暴言を吐いたほどである。専門家にしてかくの如(ごと)く、素人である一観客の我々の手に負えるものではない。鴻池の親友であった武智鉄二には「風の倫理」という名評論があるが、名論ではあっても一点具体性に欠ける。それがこの本ではよく…

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです