メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『鴻池幸武文楽批評集成』=多田英俊・編著

 (大阪大学出版会・8360円)

厳正極める批評家の直言

 珍本である。珍本だから高い。高いけれどもその値段の何十倍の価値がある。文楽に携わる人はむろん多少とも文楽に関心をもつ人には必読の書である。現に長い間文楽を見て来た私も今更のように目からウロコが落ちる思いがした。かなり専門的な側面もあるがよく読めば決してむずかしくない。すなわち鴻池幸武の考え方が明晰(めいせき)かつ透明、その上に具体的だからである。

 たとえば文楽には「風(ふう)」という専門用語がある。その曲を初演した太夫の芸風を指す言葉である。ところがこれがなかなか摑(つか)みにくい。さる高名な太夫は風など関係ないという暴言を吐いたほどである。専門家にしてかくの如(ごと)く、素人である一観客の我々の手に負えるものではない。鴻池の親友であった武智鉄二には「風の倫理」という名評論があるが、名論ではあっても一点具体性に欠ける。それがこの本ではよく…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです