特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

渡辺保・評 『鴻池幸武文楽批評集成』=多田英俊・編著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (大阪大学出版会・8360円)

厳正極める批評家の直言

 珍本である。珍本だから高い。高いけれどもその値段の何十倍の価値がある。文楽に携わる人はむろん多少とも文楽に関心をもつ人には必読の書である。現に長い間文楽を見て来た私も今更のように目からウロコが落ちる思いがした。かなり専門的な側面もあるがよく読めば決してむずかしくない。すなわち鴻池幸武の考え方が明晰(めいせき)かつ透明、その上に具体的だからである。

 たとえば文楽には「風(ふう)」という専門用語がある。その曲を初演した太夫の芸風を指す言葉である。ところがこれがなかなか摑(つか)みにくい。さる高名な太夫は風など関係ないという暴言を吐いたほどである。専門家にしてかくの如(ごと)く、素人である一観客の我々の手に負えるものではない。鴻池の親友であった武智鉄二には「風の倫理」という名評論があるが、名論ではあっても一点具体性に欠ける。それがこの本ではよく…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1501文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集